米MFグローバル:日本の従業員15人を解雇-連邦破産法申請前に

米MFグローバル・ホールディング スが、米連邦破産法11条の適用を申請する前に、日本国内の従業員ら 15人を解雇していたことが1日までに分かった。

MFグローバルFXA証券の東京とシンガポールで働くエクイテ ィ・アナリスト、営業、トレーダーら15人は10月31日付で解雇され た。外国銀行従業員組合連合会の杉本和幸書記長がブルームバーグ・ニ ュースの取材で明らかにした。

シンガポールに在籍するMFグローバルの広報担当者は、この件に ついてはコメントできないと電子メールで回答した。

日本の拠点であるMFグローバルFXA証の従業員は約50人。前 身は2000年に設立され、07年にMFグローバルグループが株主となり、 09年に現在の社名に変更した。それ以降、主に海外の機関投資家向けに 株式媒介業務を行ってきた。

日本で資産保全命令

東京・千代田区内幸町のビルの24階。MFグローバルのオフィス で、ブルームバーグの取材に対応した従業員は、英語で「申し訳ありま せん」と何度も頭を下げ、受付のあるそのスペースから退出するよう命 じた。ガラス張りのオフィスの中を覗くと、従業員らしき2人が会議室 で話をしているほかは人影はなかった。

MFグローバルの破綻を受け金融庁は31日付で日本国内の資産保 全命令を出した。投資家保護が目的。金融庁によれば、MFグローバル の日本での預かり資産は25億円、純資産は19億円。MFグローバルF XA証の資本金は9億3500万円、常勤役職員数53人。

MFグローバルは欧州国債への投資が裏目となり31日、米破産法 適用を申請。ブローカー・ディーラー部門のMFグローバルは清算され る。ニューヨーク市マンハッタンの裁判所に提出した文書によると負債 総額は397億ドル(約3兆1000億円)。関係者によれば、同社取締役会 は破綻回避に向け身売りを含めた選択肢を検討していた。

--取材協力:河元伸吾 Editor: Kazu Hirano Takeshi Awaji

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE