IMF、為替レート評価の手法変更へ-加盟国の「不満」に対応

国際通貨基金(IMF)は、各国 の為替レート評価方法に「不満」が出ていることに対応し、加盟国の 対外安定性を審査する際に資本動向などのデータをより考慮すること で合意した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。