【M&A潮流】米ヤム・ブランズの小肥羊買収案、審査延長は投資好機

「ケンタッキーフライドチキン」 などの外食店チェーンを運営する米ヤム・ブランズが目指す香港の小 肥羊集団を買収は、中国の独占禁止当局が承認を先送りしたことで、 投資家に大きなリターンを上げる好機をもたらしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。