DeNA株はストップ安、グリーは高値を更新-収益面の差縮小で明暗

携帯電話などに配信されるソーシ ャルゲームの国内大手2社の株価が1日、対照的な値動きを示し株式市 場での主役となった。首位のディー・エヌ・エー(DeNA)が10月 31日発表の決算で収益の伸びが鈍化して一時ストップ安(値幅制限い っぱいの下落)となった半面、同日に業績予想を上方修正した2位グリ ーの株価は、上場来高値を更新した。

1日午前の売買代金はDeNAが国内上場株トップの488億円、グ リーは2位418億円。3位の東京電力の131億円を大きく引き離した。 午前終値はDeNAが同660円(19%)安の2765円で、グリーは同24 円(0.9%)高の2596円。

午前の取引中にDeNAは5営業日ぶりに反落し、一時は前日比 20%安の2725円と、4月20日以来、約半年ぶりの水準に沈んだ。一 方でグリーは4営業日続伸して前日比6.8%高の2747円まで買われ、 上場来高値を更新した。

DeNAは事業の指標であるARPU(1登録者当たりの月間平均 収入)について、7-9月実績を非公表。この点について、JPモルガ ン証券の上出浩史アナリストはDeNAの投資判断を「中立」から「ア ンダーウエート」に下げた10月31日付リポートで同期のARPUが

334.6円と、4-6月期比8.2%減少したとの試算を提示している。

上出氏はブルームバーグ・ニュースの電話取材に対し「ソーシャル ゲームを始めてから初のARPU減少だった」と指摘。DeNAは決算 説明会資料で、プロ野球の横浜ベイスターズ買収が実現すれば同社の 「モバゲー」サービスとの「シナジー(相乗効果)を最大化」できると したが、上出氏はモバゲーにすでに一定の知名度がある中、球団を「現 在買うメリットが分からない」と懐疑的な見方を示した。

一方、BNPパリバ証券の山科拓アナリストは、グリーが前日の上 方修正で12年6月期(今期)営業利益予想を200億円増額し600億- 700億円としたことは「コンセンサスを上回る修正」と指摘。この修正 幅からするとコンテンツ(情報の内容)提供サービスのARPUが 「300円を超えてくるイメージになる」と述べて、収益面でDeNAに 追い付きつつあると強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE