政府・日銀:円高阻止へ介入継続の姿勢-背景に政治要因の指摘も

政府と日本銀行は過度な円高阻止 へ為替市場での投機的な動きに対して介入を継続する姿勢だ。国内企 業は、円高に伴う輸出採算の悪化に加えて、タイを襲った洪水でも現 地拠点の生産活動がまひするなど被害が拡大、収益を圧迫されている。 政府は、震災の打撃から立ち直りつつある国内経済を下支えするため にも円高阻止へ断固たる姿勢を示す必要があると判断している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。