関電や九電で今冬に節電要請、来夏も9.2%不足-使用制限は回避

政府は1日、12月19日から関西電力 管内で前年比10%以上、九州電力管内で5%以上の節電を家庭や企業な どに要請することを盛り込んだ今冬の電力需給対策を決定した。需要に 対する供給の余力を示す供給予備率が、2月には関電でマイナス9.5%、 九電で1月にマイナス2.2%まで下がることが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。