中国:鉄鉱石価格決定で新モデルの構築目指す-大手鉱山会社と協議中

世界最大の鉄鉱石輸入国である 中国は、鉄鉱石の現物価格が下落したことを受け、ブラジルのヴァーレ や英豪系リオ・ティント、豪英系BHPビリトンと新たな価格決定メカ ニズムの構築に向け協議していることを明らかにした。

中国鋼鉄工業協会(CISA)の張長富・副会長兼事務局長は31 日、北京で記者団に対し「われわれは安定的で透明性が高く、公正で合 理的な新しい価格決定メカニズムの構築を望んでいる。これまで以上に 整備し健全なものにすることを望んでいる」と述べた。

中国政府による融資抑制策と建設業や自動車メーカーの鉄鋼需要の 鈍化を背景に、鉄鉱石の現物価格は今月に入って32%下落している。 ヴァーレは先週、中国の大半の顧客企業が四半期ベースの契約を現物価 格に対応した契約に切り替えることを目指していると述べた。

中国最大の鉄鋼メーカー、宝山鋼鉄の馬国強社長は31日、ウェブ 放送を通じた投資家との会合で、10-12月(第4四半期)の鉄鉱石価 格についてヴァーレと協議中であり、新たな価格決定モデルの下で原材 料価格が低下するとの見通しを示した。価格決定モデルの詳細について はコメントを控えた。

関連ニュースと情報: --Helen Yuan, Penny Peng, with assistance from Elisabeth Behrmann in Sydney. Editors: Rebecca Keenan, Keith Gosman

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor: Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: Helen Yuan in Shanghai at +86-21-6104-3028 or hyuan@bloomberg.net; Penny Peng in Beijing at +86-10-6649-7719 or ppeng18@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rebecca Keenan at +852-2977-6903 or rkeenan5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE