ブラジル、確定利付国債の増発を計画-利下げによる需要増加を期待

ブラジル財務省は、同国中央 銀行の利下げによって同国国債の確定利付債とインフレ連動債の需 要が押し上げられると期待している。

国庫管理局のバレ副長官は先月28日の電話インタビューで、確 定利付債とインフレ連動債の発行を増やし、翌日物金利に連動する 変動利付債の国債発行残高に占める割合を、9月時点の31%から 2014年には20%未満に引き下げる計画だと述べた。ブラジルの国債 発行残高は先月、2.3%増加して1兆8100億レアル(約82兆7800 億円)となった。

同副長官は「政策金利がより速いペースで引き下げられ、基礎 的財政収支黒字が増加した場合には、国債発行内訳の最適な構成比 率の達成が容易になるだろう」と指摘。「13、14年には大量の変動 利付債が償還期限を迎える。変動利付債の割合を引き下げる機会だ」 と述べた。

トレーダーらは、欧米と中国の成長鈍化が約6年ぶりの高水準 のインフレを抑制し、ブラジル中央銀行が来年4月までに政策金利 を10%に引き下げると見込んでいる。同中央銀行は19日の金融政 策委員会で、政策金利を0.5ポイント引き下げ11.5%とすることを 決定、2会合連続で利下げした。

バレ副長官によると、国庫管理局は償還期限が2017年と21年 の確定利付債を増発する計画だという。

-- Editors: Andre Soliani, Robert Jameson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Arnaldo Galvao in Brasilia Newsroom at +55-61-3329-1608 or agalvao1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Helder Marinho at +55-11-3048-4545 or hmarinho@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE