鉄鉱石価格が下落-過去1年で最大の海運レート上昇が終了の兆し

鉄鋼メーカーの鉄鉱石需要が軟化 しており、ここ約1年で最も収益性が高まっていた海運レートの堅調さ が終了する恐れがある。鉄鉱石は、ばら積み船の最も主要な積み荷。

調査会社の北京安泰科信息発展によると、世界最大の鉄鉱石消費国 である中国の港湾の鉄鉱石在庫は、既に過去最高まで3.6%以内の水準 に膨らんでいる。

ブルームバーグ・インダストリーズが集計したデータによると、中 国の鉄鋼製造の収益性は約3年ぶりの低水準に近づいている。世界最大 の船舶ブローカーの1部門であるクラークソン・セキュリティーズによ ると、将来のコストを見込んで利用され、ブローカーが取引する鉄鉱石 スワップ市場は、少なくとも2013年まで価格が反発しないことを示唆 している。

パレート・セキュリティーズ(オスロ)のアナリスト、マーチン・ コルスボルド氏は「鉄鉱石と鉄鋼の価格下落は中国の需要鈍化の兆し だ」と指摘。「ケープ型船舶の運賃が今後どうなるかに関する非常に厳 しい指標だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE