日銀のETF購入で224億円超の評価損か-日本株の低迷響く

日本銀行が実施している指数連動 型上場投資信託(ETF)の買い入れで、評価損が224億円超に上っ ていることがブルームバーグの試算でわかった。TOPIXが27年ぶ り安値水準に近づくなど、株価の低迷が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。