NY原油先物時間外:一段安、下げ幅1%-中国の経済減速を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は1 日の時間外取引で一段安。中国の製造業景況指数の減速と欧州債務危 機の包括的対策が進展しないことを嫌気した。

原油先物相場は一時、1%下落。10月の上昇率は2009年5月以 降で最大だった。10月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)は 3カ月ぶりに低下した。ギリシャのパパンドレウ首相は、欧州首脳が合 意した同国に対する融資計画について国民投票にかける方針を示した。

CMCマーケッツ(シドニー)の市場担当チーフアナリスト、リッ ク・スプーナー氏は「商品需要はさえないという言葉がぴったりだ。欧 州債務危機問題の行方がはっきりしないと、短期的には下降する可能性 が強い」と述べた。

原油先物12月限は一時、93セント安の1バレル当たり92.26ド ルを付けた。シンガポール時間午後2時23分(日本時間同3時23分) 現在、92.40ドルで推移している。前日の通常取引は0.1%安の

93.19ドルで引けた。10月は18%上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE