金融庁:MFグローバルの日本国内の資産保全を命令-31日付

金融庁は、米金融MFグローバル・ ホールディングスが連邦破産法11条の適用を申請したのを受け、10月 31日付で日本国内の資産保全命令を出した。自見庄三郎金融担当相が1 日午前の閣議後会見で明らかにした。投資家の保護が目的。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。