日本株続落、円高と欧州懸念強く輸出など景気敏感売り-午後崩れる

東京株式相場は続落。為替の円高 や欧州債務問題への懸念が根強く、電機や機械など輸出関連、化学な ど素材関連、海運株といった景気敏感業種が安い。個別では、今期大 幅な最終赤字見通しとなったパナソニック、7-9月期利益が前四半 期比で減ったディー・エヌ・エーの下げが目立った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。