MFグローバルの顧客から監督当局に電話殺到、資金返還の問い合わせ

米証券投資家保護公社(SIP C)の事務所には、破産法適用を申請したブローカー・ディーラー、 米MFグローバルの顧客から投資資金について問い合わせる電話が相 次いでる。SPICの弁護士ケビン・ベル氏が1日、明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。