UBS:ユーロ圏と英国の成長予想下げ-欧州のリセッションを予想

スイスの銀行、UBSは2012 年のユーロ圏と英国の経済成長予想を引き下げるとともに、欧州大陸 の来年のリセッション(景気後退)を予測した。信用状況の逼迫(ひ っぱく)を理由に挙げている。

ステファン・デオ、マルティン・リューク両氏を含むエコノミス トは電子メールで送付した28日付の顧客向けリポートで、ユーロ圏 の来年の国内総生産(GDP)伸び率予想を0.2%と、従来の1%か ら下方修正した。エコノミストらは、域内経済が来年1-6月(上期) にマイナス成長となると予想。13年は1%のプラス成長になるとみて いる。

UBSのロンドン在勤エコノミスト、アミット・カラ氏は同日付 の別のリポートで、12年の英成長率予想を1.5%から0.7%に引き下 げた。13年はプラス1.3%を見込んでいる。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Hamilton in London at +44-20-7673-2976 or shamilton8@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Svenja O’Donnell at +44-20-76732287 or sodonnell@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE