NY銅:7.4セント安の1ポンド=3.632ドル-欧州への懸念で

31日の銅先物相場は約1週間ぶりの 大幅安。欧州各国が債務危機封じ込めのための資金集めに苦慮し、商品 需要の見通しが悪化するとの懸念が材料。

欧米市場の株価が下落したほか、24の原材料で構成する米スタンダ ード・アンド・プアーズ(S&P)のGSCI指数は2営業日連続で下 げた。

キングズビュー・ファイナンシャル(シカゴ)の市場ストラテジス ト、マット・ジーマン氏は電話インタビューで、「市場参加者はこれま での材料が状況を沈静化させるのに十分かどうか分かっていない」と指 摘。「幸福感は長く続かない。中国と米国の不透明さがあり、銅相場に はなお障害がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は前週末比2%安の1ポンド=3.632ドル。中心限月とし ては20日以来の大幅下落。月間ベースでは15%高となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE