10月31日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:円が3年ぶり大幅安、介入受け-ドルは逃避需要で上昇

ニューヨーク外国為替市場では、円が対ドルで2008年以来の大 幅下落。円が戦後最高値を更新し輸出企業の業績悪化が懸念される中、 日本当局は日本時間31日の外国為替市場で今年3度目となる円売り 介入に踏み切った。

ドルは主要取引通貨の全てに対して上昇。米先物ブローカーのM Fグローバル・ホールディングスが欧州ソブリン債投資の影響で破産 法適用の申請に至ったことを受け、株式相場が下落。逃避需要が高ま りドルが買われた。安住淳財務相の指示による円売り介入を受け、円 は主要取引通貨の全てに対して下落した。

ドイツ銀行のG10為替ストラテジー世界責任者、アラン・ラス キン氏(ニューヨーク在勤)は、「介入規模が極めて大規模なのは間 違いない」と指摘しつつも、「その効果は徐々に薄れてきている。1 日限りの騒ぎに終わるのだろうか」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時04分現在、円は対ドルで前週末比 3%安の1ドル=78円18銭。日本時間では一時、75円35銭と戦 後最高値を更新した。10月に入りこれまでで円は1.4%下落してい る。この日はユーロに対して前週末比0.9%下げて1ユーロ=108 円24銭となっている。オーストラリア・ドルに対しては1.6%安の 1豪ドル=82円41銭。ユーロは対ドルで2.1%下落して1ユーロ =1.3851ドル。月初来の上昇率は3.5%に縮小した。スイス・フラ ンはユーロに対し0.6%上げて1ユーロ=1.2145フラン。

円は介入を受けて下げ、一時は4%を超える下落率となった。日 中取引ベースでは6.1%安を記録した2008年10月28日以来、最 大の下落となった。日銀はその3日後に政策金利を引き下げた。

MFグローバル

事情に詳しい関係者1人によると、ジョン・コーザイン氏率いる 米先物ブローカー、MFグローバル・ホールディングスは経営破綻を 回避するための身売りも含め、同社取締役会が選択肢の検討に週末を 費やした。ニューヨーク連銀は31日、MFグローバルとの新規の取 引を停止した。ニューヨーク連銀は、プライマリーディーラー(政府 証券公認ディーラー)としての責任遂行能力を証明できるまで同社と の新規取引を停止するとの声明をウェブサイトに掲載した。

安住財務相は納得いくまで介入を続けると発言。日本当局が前回 介入したのは今年8月で、月間としては2004年3月以来の規模とな る4兆5100億円の円売りを実施した。

大胆な措置

安住財務相は当局が単独介入を実施した後の記者会見で、市場の 投機的な動きに対しては大胆な措置を取ると繰り返し警告してきたこ とを強調。東日本大震災が発生した今年3月、主要7カ国(G7)は 約10年ぶりに円売り協調介入を実施した。

円とフランは今年に入り過去最高値を更新。米欧の財政危機を背 景に、投資家の逃避需要が膨らんだ。スイス国立銀行(SNB、中央 銀行)は9月6日、対ユーロで1ユーロ=1.20フランの上限を設定。 それ以降フランは下落している。

ウェルズ・ファーゴの為替ストラテジスト、ヴァシーリ・セレブ リアコフ氏(ニューヨーク在勤)は「円が最高値を更新し始めて以来、 常に介入の可能性はあった」と指摘。「既に一部で買い戻しが起こっ ており、地合いは円売りより円買いに強く傾いている」と述べた。

◎米国株:下落、欧州救済基金への不安再燃-S&P500種2.5%安

米株式相場は下落。S&P500種株価指数はほぼ1カ月ぶりの大 幅安となった。欧州ソブリン債危機の封じ込めに向けた資金の調達は 順調にはいかないとの懸念が広がった。

取引終了前の1時間で相場は下げ足を速めた。ギリシャのパパン ドレウ首相が同国に対する新たな融資計画について、国民投票に問う 必要があるとの見方を示したことに反応した。モルガン・スタンレー やシティグループが安い。欧州の銀行株下落が材料視された。アルミ 生産のアルコアや石油大手のシェブロンなど商品株も売られた。

S&P500種株価指数は前週末比2.5%安の1253.30。10月 3日以降で最大の下げとなり、年初来の上げを消した。10月は月間 ベースでは11%上昇し、1991年以来の大幅高となった。ダウ工業 株30種平均はこの日276.10ドル(2.3%)下げて11955.01ド ル。

レイモンド・ジェームズ・アソシエーツのチーフ投資ストラテジ スト、ジェフリー・ソー氏は電話インタビューで、「強い買いの勢い が続いていた」とした上で、「いつ調整に入ってもおかしくはなかっ た」と指摘。「欧州は救済策で合意し時間を稼いだが、解決には程遠 い。まだ危機は脱していない」と続けた。

欧州各国は先週、救済基金である欧州金融安定ファシリティー (EFSF)の実質拡大で合意。また米国では経済成長の加速が示さ れた。こうしたことを背景に米国株は上昇していた。

ギリシャ国民投票

パパンドレウ首相は新たな融資計画を国民投票で問うべきだとの 認識を示したが、投票で計画が拒否されればギリシャがデフォルト (債務不履行)に陥る危険がある。世論調査では、ギリシャ国民の大 半は新たな救済策と債務減免について、同国にとって好ましくないと みていることが示されている。

経済協力開発機構(OECD)は20カ国・地域(G20)の政府 と中央銀行に対し、信頼回復に向けた「断固たる行動」を取るよう促 した。OECDは米国とユーロ圏の今年と来年の成長率予想を下方修 正した。

欧州株は銀行株を中心に下落。KBW銀行指数は4.1%下げた。 モルガン・スタンレーは8.7%安の17.64ドル。シティグループは

7.5%下げて31.59ドル。

MFグローバル

ニュージャージー州知事やゴールドマン・サックス・グループ共 同会長を務めたジョン・コーザイン氏率いる米ブローカー・ディーラ ーの持ち株会社、MFグローバル・ホールディングスは31日、米連 邦破産法11条の適用を申請した。欧州ソブリン債への投資が裏目に 出た。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズのシニアポートフォ リオマネジャー、ピーター・ソレンティーノ氏(シンシナティ在勤) は電子メールで、「イタリア国債の利回り急上昇と、MFグローバル の破産法適用申請が相まって、投資家はディフェンシブな姿勢に戻っ た」と分析。「朝方発表されたシカゴ購買部協会の製造業景況指数の 低下は、経済のファンダメンタルズが依然として脆弱(ぜいじゃく) であることをあらためて示すものだ」と付け加えた。

シカゴ購買部協会が発表した10月のシカゴ地区の製造業景況指 数(季節調整済み)は58.4と、前月の60.4から低下した。ブルー ムバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査の予想中央値は59 だった。

資源株も安い

景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は3.2%安。経済活動の指標と見なされるダウ輸送株平均は2.4% 下げた。

S&P500種のエネルギー株と資源株の指数は、需要鈍化懸念 などから大きく下落した。アルコアは7%安の10.76ドル。シェブ ロンは4.2%安の105.05ドル。

◎米国債:大幅高、日本の為替介入で-イタリア債下落も支援材料

米国債相場は大幅高。30年債利回りは約1カ月ぶりの大幅な低下 となった。日本政府・日銀が円高に歯止めをかけるため円売り・ドル 買い介入を実施したことが買いを誘った。欧州がソブリン債危機を抑 制できないとの懸念からイタリアとスペインの国債が下げたことも買 い材料。

米ブローカー・ディーラーの持ち株会社、MFグローバル・ホー ルディングスの米連邦破産法11条の適用申請を背景に10年債は続 伸した。同社は欧州ソブリン債への投資が裏目に出た。10年債利回 りは過去2営業日で25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 低下している。米財務省は第4四半期の借り入れ所要額見通しを引き 上げた。

キャンター・フィッツジェラルドの金利ストラテジスト、ジャス ティン・レデラー氏(ニューヨーク在勤)は「リスク解除の取引だ」 と指摘。「欧州の見通しが暗くなったことに加え、日本の介入発表で 上昇が始まった。市場は欧州の情勢に満足しておらず、欧州に圧力が かかっている」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時 間午後3時38分現在、30年債利回りは前営業日比22bp低下の

3.16%。米金融当局が短期債を売って期間が長めの国債を同額購入 する「オペレーション・ツイスト(ツイストオペ)」を開始した10 月3日以降で最大の下げとなった。同年債(表面利率3.75%、 2041年8月償還)価格は4 3/8上げて111 3/8。

10年債利回りは17bp低下の2.14%。

10月月間

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによる と、米国債の投資収益率は10月全体でマイナス1.4%と、2010年 12月以来の悪い成績。インフレ連動国債はプラス0.9%、ドイツ国 債はマイナス1.5%。

欧州首脳の前週の合意ではソブリン債危機の波及に歯止めをかけ るには十分ではないとの懸念から安全を求める動きが強まり、株式相 場は下落した。

米財務省は10-12月(第4四半期)の借り入れ所要額見通しを 210億ドル増額し、3050億ドルとした。歳入減少と歳出増加などが 反映された。11月2日には今四半期の中・長期債入札の詳細を明ら かにする。

MFグローバル

MFグローバルはこの日、プライマリーディーラー(政府証券 公認ディーラー)としての取引停止を確認した。ニューヨーク連銀は、 同社がプライマリーディーラーとしての義務を履行できることが確認 されるか、同社のプライマリーディーラーの認定を停止するかいずれ かまで、同社との新規取引を停止した。ウェブサイトに声明を掲載し た。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の国債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「目立つ金融機関が 問題を抱えると、わずかながらも米国債の支援材料となる。市場の不 透明感が強まるためだ」と話した。

MFグローバルの株価は先週、67%下落。同社の社債はディスト レス債の水準に落ち込んだ。25日の発表によると、イタリア、スペ イン、ベルギー、ポルトガル、アリルランドの国債を合計63億ドル 保有している。

2008年の金融危機では、ベアー・スターンズが資金調達能力を 失い、同年3月に金融当局の仲介でJPモルガン・チェースに買収さ れた。その6カ月後にはリーマン・ブラザーズ・ホールディングスは 破産法の適用を申請した。

ウェルズ・ファーゴ・ファンズ・マネジメントのチーフ債券スト ラテジスト、ジェームズ・コーチャン氏は「こういった類のニュース が出ると、悪い記憶を呼び覚ます。典型的な反応は米国債買いだ」と 指摘した。

円売り介入

円が対ドルで戦後最安値を付けた後、政府・日銀の円売り介入で 下落すると、米国債は上昇した。米国外では、日本は中国に次ぐ米国 債保有国。

月末を迎え、バークレイズ米国債指数などベンチマーク(基準) に合わせるため保有証券の残存期間の長期化を図る動きも米国債を押 し上げた。

バークレイズ指数によると、10月の平均残存期間は0.09年延 びたとみられている。9月末は0.08年だった。

イタリア10年債利回りは最大で16bp上昇の6.18%。スペ イン10年債利回りは一時15bp上昇し、8月8日以来の高水準と なる5.66%となった。

ジェフリーズ・グループの債券金利部門共同責任者、クリストフ ァー・ビュリー氏(ニューヨーク在勤)はこの日の取引について、 「先週の一時的なリスクをとる取引に対する市場の現実性チェックだ」 と述べた。

◎NY金先物:1週間ぶりの大幅安、日本の円売り介入によるドル高で

ニューヨーク金先物相場は下落。約1週間ぶりの大幅安となった。 ドルが急上昇したことで、代替投資先としての金の需要が後退した。

日本政府が円売り・ドル買い介入に踏み切ったことから、ドルは 主要6通貨のバスケットに対して約1カ月ぶりの大幅高となった。金 は先週6.8%高と、2009年1月以来最大の上昇を記録。月間では

6.3%値上がりした。

TEAMファイナンシャル・マネジメント(ペンシルベニア州ハ リスバーグ)のジェームズ・デーリー氏は電話インタビューで、「日 本政府による円売り介入のニュースを受けて、『まず行動してから、後 で考える』という動きが広がっている」と指摘。「ドルの上昇は、金の 利益を確定する絶好の口実になる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前営業日比1.3%安の1オンス=1725.20ドルで終了。 中心限月としては20日以来の大幅下落となった。

◎NY原油:月間では09年5月来の大幅高、需要拡大に期待

ニューヨーク原油先物相場は月間で2年5カ月ぶりの大幅高とな った。景気回復を背景にエネルギー需要が拡大し在庫が縮小するとの 観測が強まった。

第3四半期(7-9月)の米経済成長率はここ1年で最も高い伸 びを示したほか、原油在庫は14日終了週に20カ月ぶりの低水準に なった。この日の原油相場は下落。日本政府と日銀が外国為替市場で 円売り・ドル買い介入に踏み切ったことが手掛かりとなった。

CIBCワールド・マーケッツの商品ストラテジスト、キャサリ ン・スペクター氏は「先進国の在庫がそこそこ減少していることから、 需給ファンダメンタルズがかなり相場の支援になっているようだ」と 指摘。「需給バランスがひっ迫するには需要が徐々に拡大する必要が ある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は前 営業日比13セント(0.1%)安の1バレル=93.19ドルで終了した。 月間では18%高と、09年5月以来の大幅上昇となった。

◎欧州株:続落、救済基金の詳細待ち-月間では約2年ぶり大幅高

31日の欧州株式相場は続落。ストックス欧州600指数は月間 ベースで2009年7月以来の大幅高となったものの、この日の下げ で値上がり幅を縮めた。ユーロ圏首脳は先週、域内救済基金の実質拡 大で合意したものの、具体策で詳細な説明が待たれており、一部投資 家は依然として株式購入に消極的だ。

デンマークの風力タービンメーカー、ベスタス・ウィンド・シス テムズが急落。ドイツの新工場での生産拡大が遅れ、売上高と利益率 見通しを引き下げたことが嫌気された。英銀HSBCホールディング スを中心に銀行株も下げた。英・オーストラリア系リオ・ティントを はじめとする資源株も値下がりが目立った。

ストックス欧州600指数は前週末比2.2%安の243.48で終 了。月間上昇率は7.7%となった。27日未明に欧州金融安定ファシ リティー(EFSF)の実効力拡大で欧州首脳らが合意したことで、 同日は3.6%上げたが、その翌日の28日は0.2%下げた。先週は

4.2%値上がりし、週ベースで5週連続高を記録した。

バークレイズ・ウェルスの投資戦略部門グローバル責任者、ケビ ン・ガーディナー氏(ロンドン在勤)はブルームバーグテレビジョン に対し、「詳細の多くを欠いたままで、進展もいらいらするほど遅い」 と指摘。「ただ、銀行システムへの金融支援に必要な決意は示された。 市場では激しい値動きが続くだろう」と述べた。

欧州首脳の合意から1週間後の11月3、4両日、フランスのカ ンヌでは20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開催され る。ユーロ圏は既に、中国の支援や国際通貨基金(IMF)の協力を 求める姿勢を示している。

この日の西欧市場では、全18カ国で主要株価指数が下げた。ベ スタスは24%下落の84.35デンマーク・クローネとなり、02年 以来の大幅安。HSBCは3.6%下げ544.9ペンス。リオ・ティ ントは6.5%安の3385ペンスで終了。

◎欧州債:イタリアなど高債務国債が下落-危機対応策に懐疑的な見方

31日の欧州債市場では、イタリアを中心に高債務国の国債が下 落。ユーロ圏が先週の首脳会議で合意した危機対応策では域内債務危 機の拡大を阻止できないとの懸念が広がった。

イタリア5年債利回りはユーロが導入された1999年以後の最高 に達した。ベルルスコーニ伊首相が財政赤字削減を達成できないとの 観測が高まっている。スペイン10年債利回りは12週ぶり高水準と なった。中国の新華社通信が、同国は欧州の「救世主」の役割を果た すことはできないとの見解を示したことが手掛かり。ベルギー債も売 られた。同国はこの日に国債入札を実施した。

一方、ドイツ国債は上昇。米ブローカー・ディーラーの持ち株会 社、MFグローバル・ホールディングスがこの日に米連邦破産法11 条の適用を申請したことが買い材料。

ラボバンク・インターナショナルのシニア債券ストラテジスト、 リチャード・マクガイアー氏は「ユーロ圏債務危機の解決に向けた最 新の取り決めは壮大だが、詳細が欠けている」と指摘。「イタリア国 債利回りは、首脳会議が危機を収束させるとは市場が信頼していない ことを物語っている。救済対象が広がる恐れを市場は感じており、イ タリアが次の対象国になるとみられている」と続けた。

ロンドン時間午後4時4分現在、イタリア5年債利回りは前週末 比16べーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.91%。 一時は5.99%まで上げ、1997年9月以来の最高を付けた。同国債 (表面利率4.75%、2016年9月償還)価格は0.635下げ

95.490。2年債利回りは33bp上昇し5.08%と、2000年以降 の高水準に達する場面が見られた。

欧州首脳会議は27日未明、域内の救済基金拡充と銀行の資本強 化、ギリシャ債を保有する銀行の損失負担を50%とすることで合意 した。

こうした取り組みもイタリア国債の下落食い止めにはつながって いない。同国の10年債利回りは28日に15bp上昇。この日は8b p上げ6.10%となった。スペイン10年債利回りは3bp上昇し

5.54%、ベルギー10年債利回りは8bp上げて4.38%。

一方、ドイツ10年債利回りは前週末比14bp下げ2.03%と なった。

◎英国債:続伸、景況感悪化や住宅ローン承認件数減などに反応

31日の英国債相場は続伸。この日発表された統計で、景況感の 悪化が示されたほか、住宅ローン承認件数が減少し、住宅価格が下落 したことが手掛かりとなった。

イングランド銀行(英中央銀行)の同日発表によると、海外投資 家の国債保有高は9月に増え、純増額が2010年4月以来最大だっ た。

英10年債利回りは前週末比17ベーシスポイント(bp、1b p=0.01ポイント)低下の2.44%。2年債利回りは2bp下げ

0.53%。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率) は11%。これに対しドイツ国債は6.2%、米国債は7.3%となっ ている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net