米国株:下落、欧州救済基金への不安再燃-S&P500種2.5%安

米株式相場は下落。S&P 500種株価指数はほぼ1カ月ぶりの大幅安となった。欧州ソブリン 債危機の封じ込めに向けた資金の調達は順調にはいかないとの懸念が 広がった。

取引終了前の1時間で相場は下げ足を速めた。ギリシャのパパン ドレウ首相が同国に対する新たな融資計画について、国民投票に問う 必要があるとの見方を示したことに反応した。モルガン・スタンレー やシティグループが安い。欧州の銀行株下落が材料視された。アルミ 生産のアルコアや石油大手のシェブロンなど商品株も売られた。

S&P500種株価指数は前週末比2.5%安の1253.30。10月 3日以降で最大の下げとなり、年初来の上げを消した。10月は月間 ベースでは11%上昇し、1991年以来の大幅高となった。ダウ工業 株30種平均はこの日276.10ドル(2.3%)下げて11955.01ド ル。

レイモンド・ジェームズ・アソシエーツのチーフ投資ストラテジ スト、ジェフリー・ソー氏は電話インタビューで、「強い買いの勢い が続いていた」とした上で、「いつ調整に入ってもおかしくはなかっ た」と指摘。「欧州は救済策で合意し時間を稼いだが、解決には程遠 い。まだ危機は脱していない」と続けた。

欧州各国は先週、救済基金である欧州金融安定ファシリティー (EFSF)の実質拡大で合意。また米国では経済成長の加速が示さ れた。こうしたことを背景に米国株は上昇していた。

ギリシャ国民投票

パパンドレウ首相は新たな融資計画を国民投票で問うべきだとの 認識を示したが、投票で計画が拒否されればギリシャがデフォルト (債務不履行)に陥る危険がある。世論調査では、ギリシャ国民の大 半は新たな救済策と債務減免について、同国にとって好ましくないと みていることが示されている。

経済協力開発機構(OECD)は20カ国・地域(G20)の政府 と中央銀行に対し、信頼回復に向けた「断固たる行動」を取るよう促 した。OECDは米国とユーロ圏の今年と来年の成長率予想を下方修 正した。

欧州株は銀行株を中心に下落。KBW銀行指数は4.1%下げた。 モルガン・スタンレーは8.7%安の17.64ドル。シティグループは

7.5%下げて31.59ドル。

MFグローバル

ニュージャージー州知事やゴールドマン・サックス・グループ共 同会長を務めたジョン・コーザイン氏率いる米ブローカー・ディーラ ーの持ち株会社、MFグローバル・ホールディングスは31日、米連 邦破産法11条の適用を申請した。欧州ソブリン債への投資が裏目に 出た。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズのシニアポートフォ リオマネジャー、ピーター・ソレンティーノ氏(シンシナティ在勤) は電子メールで、「イタリア国債の利回り急上昇と、MFグローバル の破産法適用申請が相まって、投資家はディフェンシブな姿勢に戻っ た」と分析。「朝方発表されたシカゴ購買部協会の製造業景況指数の 低下は、経済のファンダメンタルズが依然として脆弱(ぜいじゃく) であることをあらためて示すものだ」と付け加えた。

シカゴ購買部協会が発表した10月のシカゴ地区の製造業景況指 数(季節調整済み)は58.4と、前月の60.4から低下した。ブルー ムバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査の予想中央値は59 だった。

資源株も安い

景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は3.2%安。経済活動の指標と見なされるダウ輸送株平均は2.4% 下げた。

S&P500種のエネルギー株と資源株の指数は、需要鈍化懸念 などから大きく下落した。アルコアは7%安の10.76ドル。シェブ ロンは4.2%安の105.05ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE