英国債:続伸、景況感悪化や住宅ローン承認件数減などに反応

31日の英国債相場は続伸。 この日発表された統計で、景況感の悪化が示されたほか、住宅ローン 承認件数が減少し、住宅価格が下落したことが手掛かりとなった。

イングランド銀行(英中央銀行)の同日発表によると、海外投資 家の国債保有高は9月に増え、純増額が2010年4月以来最大だっ た。

英10年債利回りは前週末比17ベーシスポイント(bp、1b p=0.01ポイント)低下の2.44%。2年債利回りは2bp下げ

0.53%。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率) は11%。これに対しドイツ国債は6.2%、米国債は7.3%となっ ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE