レアアース共同開発や原発建設での協力を確認-日越首脳会談

野田佳彦首相は31日午後、官邸 でベトナムのズン首相と会談し、ベトナムでのレアアース(希土類) の共同開発や、日本がベトナムの原子力発電所建設を引き続き支援す ることを確認した。両首相が会談後、共同記者発表を行った。

野田首相は記者発表で、「ベトナムの安定と発展は日本の国益にと っても重要だ」と述べ、レアアースや原子力分野での協力のほか、ベ トナムからの看護師や介護福祉士の候補者受け入れも進めていくこと を明らかにした。

レアアース共同開発では、両国は合弁企業を設立し、北西部にあ るドンパオ鉱床での開発分離精製事業を実施。ベトナムから世界市場 へのレアアース輸出促進や、共同調査でも協力する。

ドンパオ鉱床での生産事業は、総合商社の豊田通商と双日が参加 することで最終調整している。現地企業との合弁で2013年からの生産 開始を目指す。豊田通商の高梨建司副社長は28日の決算会見で、13 年の生産開始時には年間3000トン、1-2年後にはフル生産となる 7000トン規模に引き上げたいとの考えを示していた。

原発協力では、原発の建設を日本の事業者が担うことや、日本原 子力発電が実施する事業化調査(FS)に対して日本政府が必要な財 政的支援を行うことが盛り込まれた。

--共同取材:鈴木偉知郎、ジェイ・ハー Editors: Norihiko Kosaka,

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港  Peter Hirschberg +852-2977-6934 phirschberg@bloomberg.net