ユーロ圏:10月インフレ率は3年ぶり高水準-9月の失業率上昇

ユーロ圏では10月のインフ レ率が低下の予想に反して前月比横ばいとなり、3年ぶり高水準を維 持した。また、9月の失業率が上昇し、欧州中央銀行(ECB)の景 気刺激への取り組みは一段と複雑になりそうだ。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が31日発表した 10月のユーロ圏消費者物価指数(速報値)は前年同月比3%上昇。 2008年10月以来の高インフレだった9月と同水準となった。

同時に発表された9月の失業率は10.2%と、市場予想に反して 上昇し、8月の10.1%(改定前=10.0%)を上回り、11カ月ぶ り高水準に達した。

ECBは今月初め、政策金利を1.5%から引き下げるよう求め る圧力に抵抗し、ユーロ圏の財政危機との闘いで非伝統的措置の拡大 を選択した。

IHSグローバル・インサイトの欧州担当チーフエコノミスト、 ハワード・アーチャー氏(ロンドン在勤)は、最近のデータは「ユー ロ圏の潜在的なインフレ圧力が和らぎつつあり、ECBに措置を講じ る余地があることを示唆している」と述べ、「ユーロ圏の経済活動は 域内全体にますます影響が及んでいる財政引き締めによって明らかに 抑制されている」と続けた。

ユーロの対ドル相場は軟調。ロンドン時間午前10時2分(日本 時間午後7時2分)現在は前週末比1.2%安の1ユーロ=1.3983 ドルで取引されている。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト33人を対象 にした調査の中央値では、失業率は10%が見込まれていた。EU27 カ国の失業率は9.7%と、8月の9.6%から上昇した。

ECBは9月8日、今年のユーロ圏インフレ率は平均2.6%、 2012年は1.7%になるとの予想を示した。同中銀予測によると、 経済成長率については今年1.6%、来年は1.3%が見込まれている。

11月1日就任のドラギ新総裁の下で初めてのECB定例政策決 定会合は同月3日に開催される。ブルームバーグがエコノミスト54 人を対象にまとめた調査によると、6人が利下げを、残る全員は据え 置きを予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE