五十嵐副大臣:「止んでいる状態ではない」-断続的な介入継続示唆

五十嵐文彦財務副大臣は31日夕 の定例会見で、同日午前に実施した為替市場での円売り・ドル買い介 入の効果について「まだ即断はできない。介入が止んでいる状態では ない。まだ現時点で評価を下すという段階ではない」と述べ、依然、 介入を断続的に行っていることを示唆した。

為替介入に踏み込んだタイミングについては「このところ一方的 な動きがみられた上に、海外市場の取引薄の時間帯を狙った、目に余 る過度の投機的な動きが見られたことから、安住財務相が介入を決断 されたと受け止めている」と説明。水準を狙って介入したものではな いと語った。

主要7カ国(G7)との調整について「事務的には主要国の当局 と連絡を取り合っているが、政治的にどういう話をしているかは承知 していない」としながらも、「日本は過度の投機的な動きに対して権利 を留保していると言い続けている。財務相はかなり強い意思を持って 決断された」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE