ゴンサレスパラモECB理事:単独為替介入は好ましくない

欧州中央銀行(ECB)のゴンサレ スパラモ理事は、ECBは為替政策に関して「多国間主義」を擁護する と述べるとともに、「単独為替介入は効果が長続きしないだけでなく、 世界の安定という点からみて好ましくない」と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE