コンテンツにスキップする

ホンダ池氏:単独介入には限界ある、長続きするかは期待をしていない

ホンダの池史彦専務は31日の決算会 見で、為替介入に関して「ようやくやっていただいたなというのが率直 な感想」と述べながらも、単独の介入には限界があり、長続きするかは 期待をしていないと語った。また、同日の介入レベルまで安定的に戻っ てくれれば助かるとも指摘した。

政府と日本銀行は同日、外国為替市場で円売り・ドル買い介入を実 施した。急激な円高は日本経済を主導する輸出企業を直撃し、東日本大 震災からの回復途上にある景気に悪影響を及ぼしかねないと判断、今年 3度目となる介入に踏み切った。介入を受け、円相場は1ドル=75円台 半ばから一時、79円台半ばまで4円ほど急落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE