東芝専務:介入は非常に適切、最近の円高は企業努力を超えるレベル

東芝の久保誠代表執行役専務は31日 の決算会見で、同日の政府・日銀による為替市場への介入について、 「非常に適切な介入をしていただいた」と述べた。

久保氏は「このところの円高の水準というのは個別の企業努力を超 えているレベル」と指摘した。