ダイキン井上会長:政府・日銀の決断歓迎も、長期的な影響は読めず

ダイキン工業の井上礼之会長兼最高 経営責任者(CEO)は31日、大阪市内のホテルで開かれた白川方明日 銀総裁と地元経済団体の懇談会前に、ブルームバーグ・ニュースとの取 材に応じ、政府・日銀が同日、外国為替市場で円売り・ドル買い介入を 実施したことについて、歓迎するコメントを述べた。

井上会長は、「今回の介入は遅すぎたとも思うが、日銀や政府が決 断し、意志を示されたことは歓迎したい。一国での介入には限界かあ り、どれくらい効果があるかは疑問。現在の円高はわれわれのような輸 出型の企業にとっては大きな問題だが、一企業の対応を超えている。直 近は1ドル=70円台前半までいくとの見方もあり、心配していたところ だった。でも円高の影響はもう少しロングランで見ないと影響はわから ないだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE