IEA前事務局長:原油価格100ドルは持続不可能-世界の需要鈍化で

国際エネルギー機関(IEA) の田中伸男前事務局長は、世界の経済状況を考慮すれば、ニューヨー ク市場でバレル当たり100ドルの原油価格は持続できないとの見解を 示した。

8月にIEA事務局長を退任した田中氏は31日、シンガポール での会議で、成長鈍化によって大半の国々の需要が抑えられ、原油在 庫を利用する必要はないかもしれないと述べた。

同氏はまた、3月の東日本大震災以来、運転停止が相次いでいる 日本の原子力発電所が再開されなければ、需要が増える可能性がある と予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE