印ウィプロ:7-9月純利益、市場予想と一致-ITサービス順調

インド3位のソフトウエア輸出会 社、ウィプロの7-9月(第2四半期)純利益はアナリストの予想と 一致した。10-12月(第3四半期)については、情報技術(IT)サ ービス事業の売上高が最大15億3000万ドル(約1210億円)に増加す るとの見通しを示した。

同社が31日発表した7-9月期決算は、純利益が130億ルピー(約 210億円)と、前年同期の128億ルピーから1.6%増加した。ブルーム バーグがまとめたアナリスト40人の予想中央値は131億ルピーだった。 売上高は909億ルピーと前年同期の773億ルピーから増加。アナリス ト43人の予想中央値では895億ルピーが見込まれていた。

ウィプロのアジム・プレムジ会長は発表資料で、「当社のIT事業 は件数ベースで順調に伸び、成長の勢いが増している」と説明した。 同社は10-12月期のITサービス事業の売上高を15億-15億3000 万ドルと予想。7-9月期は14億7000万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE