白川日銀総裁:介入は為替に相応の影響-日銀は潤沢に資金供給

日本銀行の白川方明総裁は31日 午後、大阪市内で会見し、同日行った円売り・ドル買い介入について 「為替相場の形成に対して相応の影響を及ぼすと思っている」と述べ た。また、日銀は為替介入で放出された円資金を含めて「潤沢に資金 供給を行っている」と語った。

白川総裁は為替相場が日本経済に与える影響について「日銀とし て、震災からの復興・復旧の過程で生じている円高は収益や輸出、企 業マインドに与える影響が大きく、下振れリスクを強く意識している」 と述べた。

政府・日銀は同日、外国為替市場で円売り・ドル買い介入を実施 した。同日早朝の海外市場で一時1ドル=75円35銭まで円高が進み、 戦後最高値を更新した。介入を受けて円は対ドルで75円50銭付近か ら一時79円50銭まで4円ほど急落した。白川総裁は同日午後、大阪 市内で講演し、同日の介入について「こうした行動が為替相場の安定 的な形成に寄与することを強く期待している」と述べた。

白川総裁は一方で、日銀が27日行った追加緩和の効果について問 われ、「金融政策のタイムラグを考えると、先行き1年半から2年と、 かなり先々までの経済・物価見通しに対応して金融政策を運営してい くものだ」と指摘。その上で「為替相場は景気・物価に影響を与える 重要な要因の1つではあるが、為替相場と1対1で対応して金融政策 を運営するということではない」と語った。

名目実効ベースでは必ずしも円高ではない

日銀は27日の金融政策決定会合で、資産買い入れ等基金を「50 兆円」から「55兆円」に拡大することを8対1の賛成多数で決定した。 増額対象は全て長期国債。日銀の追加緩和は8月4日の会合で円売り 介入に合わせて実施して以来。

白川総裁はまた、「欧州の包括的な政策パッケージの発表後の為替 相場全体の動きをみると、それまでのユーロ安が修正されユーロ高に 向かっている。対円では円高から円安方向に大きく振れた」と指摘。 先週から足元にかけての円の為替相場を対ドル、対ユーロ、対新興国 通貨という形で貿易相手国との貿易量などを加重平均した「名目の実 効為替レートのベースでみると、必ずしも円高ではない」と語った。

日銀に対して外貨建て資産の購入を求める声が一部から上がって いることについては「日銀の金融政策はあくまで景気、物価の見通し に即して行っていく。為替市場を直接コントロールしていく政策は為 替介入政策だが、為替介入政策として行っていく外貨資産の買い入れ は政府の為替政策の範ちゅうに属すると理解している」と述べた。

お金に色が付いているわけではない

為替介入を受けた資金供給については「日銀は潤沢な資金供給を 行っている。いろいろな資金が毎日出たり入ったりしているが、その うちの1つとして、もちろん為替介入もある。いずれにせよ、お金に 色が付いているわけではない。そうした資金を含めて、日銀は潤沢に 資金供給をやっている」と語った。

白川総裁の講演に先立ち、開会のあいさつを行った関西経済同友 会の大竹伸一代表幹事は、日銀がデフレからの脱却について「やや消 極的な面がある」と異例の批判を行った。大竹氏はさらに、日銀が物 価安定を「消費者物価指数の前年比で2%以下のプラスで、中心は1% 程度」としていることについて、海外ではおおむね2%であり、「1% が中心というのはやや低いのではないか」と述べた。

白川総裁は会見で「最近の円高が当地経済をリードする製造業の 輸出、生産、地域経済全体のマインドに与える影響を懸念する声が数 多く聞かれた」と発言。「日銀としても、為替相場の動向については景 気、物価に影響を与える重要な要因の1つとして注意深く点検してい る。当地における円高に対する各界、各企業の懸念や思いをしっかり 受け止めさせていただいた」と述べた。

さらに、「金融経済の先行きをしっかりとらえ、金融政策を適切に 運営してほしいという日銀への意見、要望」があったと指摘。「日銀と しては、本日伺ったさまざまな声も踏まえながら、日本経済が物価安 定の下での持続的成長経路にできるだけ早く復帰するよう、中央銀行 としての貢献を粘り強く続けていく」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE