米北東部で200万戸以上が停電-10月としては記録的な大雪で

米北東部では週末に10月とし ては10年ぶりの大雪に見舞われた影響で、今もなお200万以上の 世帯および企業が停電となっている。

コネティカットとニューヨーク、ニュージャージー州では29日 からの記録的な降雪の影響による倒木で電線が遮断され、停電が発生。 電力会社のウェブサイトによると、最悪の時点では300万余りの顧 客への送電が滞った。

ノースイースト・ユーティリティーズ傘下のコネティカット・ラ イト・アンド・パワーによると、31日の時点で同社顧客の59%に相 当する73万9998世帯および事業所が依然影響を受けている。米気 象庁(NWS)によれば、コネティカット州ハートフォードでは週末 の2日間に20.3インチ(約52センチメートル)の積雪を記録した。

ニューヨーク市では2.9インチ(約7.4センチ)と、10月の 積雪としては1869年の記録開始以来の最高となった。

電力会社コンソリデーテッド・エジソンとCHエナジー・グルー プによると、ニューヨーク市と近郊のウエストチェスター郡、ロウア ー・ハドソンバレーでは約14万1000の顧客が停電となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE