米財務省:10-12月の借入額見通し、210億ドル引き上げ

米財務省は10-12月(第4四半 期)の政府借入額見通しを210億ドル(約1兆6400億円)引き上げ、 3050億ドルとした。歳入減少と歳出増加などが反映された。

財務省は今週、四半期定例入札(クオータリーリファンディング) の詳細を発表する。同省当局者らは2日、今四半期の中・長期債入札 の規模を明らかにする。

同省は2012年1-3月(第1四半期)の借入額を5410億ドルと 見積もった。これは08年10-12月(第4四半期)以来の大きさとな る。

エコノミストは、政府借入額の見通しは議会の動向に大きく左右 されるとみている。超党派特別委員会による少なくとも1兆2000億ド ル規模の財政赤字削減策の策定は、11月23日が期限となっている。