ハッチウス氏、欧州危機感染リスクはなお存在-ターゲスシュピーゲル

欧州債務危機は欧米諸国の成長を 依然として脅かすと、米ゴールドマン・サックス・グループのチーフ エコノミスト、ジャン・ハッチウス氏が31日発行のドイツ紙ターゲス シュピーゲルとのインタビューで指摘した。

同紙によると、ハッチウス氏は、欧州の経済指標はなお弱く、米 経済への「負の感染リスクが今なお存在する」と語った。ユーロ圏経 済についてゴールドマンは、今年10-12月(第4四半期)と来年1- 3月(第1四半期)に軽微な景気後退(リセッション)を予想してい るという。