三菱ふそうトラック、通期販売台数は前年比増加の見通し-ダイムラー

大型トラック生産で世界首位 の独ダイムラーは、傘下の三菱ふそうトラック・バスの通期販売台数 が前年比で増加するとの見通しを示した。

三菱ふそうの7-9月(第3四半期)の販売台数は前四半期から 71%増加して3万9793台だった。同社のアルバート・キルヒマン 社長が28日、ドイツのルートヴィヒスブルクの記者会見で明らかに した。通期の販売台数は昨年の14万1000台を上回る可能性がある。

キルヒマン社長は、3月の東日本大震災による生産停止に言及し、 「今春の災害以降は、販売台数が目に見えて伸びてきている」と述べ た。

川崎に本社を構える三菱ふそうは、日本の工場が震災の被害を受 けたことで、生産を停止し本社機能を一時的に大阪に移転した。ダイ ムラーが昨年販売した35万5300台のトラックのうち、三菱ふそう 製が40%を占めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE