米ミシガン大学消費者マインド指数:10月は60.9に小幅上昇

米消費者マインド指数は10 月に前月比で小幅上昇した。

10月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指 数(確定値)は60.9と、前月の59.4から1.5ポイント上昇した。 水準は今年2月の77.5をなお16.6ポイント下回っている。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は58だった。 速報値は57.5。

現在の景況感を示す指数は75.1(速報値73.8)と、前月の

74.9から0.2ポイントの上昇にとどまった。6カ月後の先行き景 況感を示す指数は51.8(速報47)と、前月の49.4を2.4ポイン ト上回った。

向こう1年間のインフレ期待値は3.2%と、前月の3.3%から 低下。5年間のインフレ期待値は2.7%と、前月の2.9%を下回っ た。

TDセキュリティーズの米国担当シニアストラテジスト、ミラ ン・マルレイン氏(ニューヨーク在勤)は統計発表前に、「センチメ ントは9月下旬以降に改善された。当時は誰もが米国はリセッション (景気後退)に陥るだろうと考えていた」と指摘。「経済には回復の 進行に向けて十分な勢いがある」と述べた。

してご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE