インド株(終了):8月来の大幅高、欧州合意がインフレ懸念打ち消す

インド株式相場は上昇。指標 のセンセックス30種株価指数は8月以来の大幅高となった。欧州の 首脳らが域内債務危機の封じ込めに向けて救済基金の実質拡大で合意 したことで安心感が広がり、インフレ加速の懸念を打ち消した。

アルミ生産大手のヒンダルコ・インダストリーズは2年以上で最 大の上げ。高級車メーカーのジャガーランドローバーを傘下に持つタ タ・モーターズは7月以来の高値で引けた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前営業日比

515.97ポイント(3%)高の17804.80。8月3日以来の高値で、 同月29日以来で最大の上げ。27日は祝日のため休場、26日は短縮 取引だった。

ヒンダルコ(HNDL IN)は11%高の142.3ルピーと2009 年5月以来の大幅高。タタ・モーターズ(TTMT IN)は7.8%高の

206.8ルピーで、7月14日以来の高値で引けた。

インドの食料インフレ率は15日までの週に11.43%と、前週 の10.6%から加速。9月の卸売物価指数(WPI)は前年同月比

9.72%上昇だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE