東証社長:オリンパスに「早く社会に事実報道し、第三者委選出を」

東京証券取引所の斉藤惇社長は28日 午後の定例会見で、オリンパスの経営問題について「非常にクリアな反 応ではないと思う。事実を早く社会に報道し、第三者委員会を選んで情 報を出して頂きたい」と述べた。

社長解任をきっかけに過去の英社買収をめぐる新旧経営者の対立が 表面化、株価急落に見舞われた状況に、斉藤社長は「残念の一言」と発 言。オリンパスに関し「日本は技術が高く、日本人はモラルが高いとい う典型的な会社」と指摘した上で、「最終的な結論というより、対応が スロー。経営のところで自分たちのバリューを落としている」との認識 を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE