東証社長:永久交渉ないが、株主満足のルールづくりに関心-統合で

東京証券取引所の斉藤惇社長は28日 午後の定例会見で、大阪証券取引所との統合問題について「永久に交渉 することもないが、われわれの関心はお互いの株主に満足されるルール がつくられるかだ。株主総会にかけて流れてしまわないように」と発 言。両社が交渉途上にあることをあらためて明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE