台湾の中国鋼鉄:7-9月の純利益、前年比49%減-値下げ響く

台湾最大の製鉄会社、中国鋼鉄 の7-9月(第3四半期)の純利益は、前年同期と比べ49%減少した。 需要低迷に伴う値下げが響いた。

同社が28日発表した1-9月決算を基に算出した7-9月の純 利益は47億2000万台湾ドル(約120億円)と、前年同期の92億 4000万台湾ドルから減った。ブルームバーグがまとめたアナリスト 10人の予想平均では、39億7000万台湾ドルが見込まれていた。

中国鋼鉄の発表資料によれば、1-9月の純利益は201億台湾ド ル(1株当たり1.41台湾ドル)。前年同期は331億台湾ドル(同

2.35台湾ドル)だった。