サウジの新皇太子にナエフ内相-保守派の警察トップ

サウジアラビアのアブドラ国王は、 スルタン皇太子が22日に死去したのを受け、新しい皇太子にナエフ内 相を任命した。保守派の警察トップが世界最大の石油輸出国であるサ ウジの王位継承者1位となる。

ナエフ内相(77)の任命の国王令は国営テレビを通じて発表され た。同テレビによると、各王子は同相への忠誠を誓った。

アブドラ国王の異母弟であるナエフ内相は1975年以来、内務省ト ップを務めている。英王立国際問題研究所のシニアリサーチフェロー、 ジェーン・キンニンモント氏によると、同相は宗教警察を支援し、少 数派であるシーア派を弾圧してきたという。