中国は欧州救済基金貢献で「あらゆる選択肢」検討中-朱財政次官

中国の朱光耀財政次官は28日、 欧州金融危機封じ込めに向けた欧州金融安定ファシリティー(EFS F)への同国の貢献について、現在「検討中」であり、「結論には達し ていない」と説明した。

同次官は北京で記者団に対し、「中国はあらゆる選択肢に扉を開い ており、協議に前向きだ」と語った。

フランスのサルコジ大統領は27日、中国の胡錦濤国家主席と電話 会談を行い、両首脳は世界の経済成長と安定を確実にするため「緊密 に協力すること」で合意した。仏大統領府が声明を発表した。

それとは別に、北京を訪問したEFSFのクラウス・レグリング 最高経営責任者(CEO)は28日、中国側との協議で「明確な結果」 が出るとは期待していないと述べた。北京で記者団に語った。