【コラム】中国の分厚い財布に頼る欧州が心すべきこと-Wペセック

欧州が発展途上の中国に救済を求 めていることほど、世界経済の悲惨なありさまを如実に表すものはな い。

フランスのサルコジ大統領は27日、中国の胡錦濤国家主席と電話 で会談した。金融のアルマゲドンを回避するため欧州が資金を必要と し、それを中国が持ち合わせているという事実は、どうやっても隠せ ない。サルコジ大統領らユーロ圏首脳は今後数カ月、頻繁に中国に資 金をねだることになろう。

ただ、欧州は中国にパトロン役を演じてもらうことに慣れてしま ってはいけない。

3兆2000億ドル(約240兆円)という豊富な外貨準備を有する中 国が流動性不足に陥ることはない。ただ今後、ユーロ建て債購入を通 じた欧州救済をためらうことになりかねない理由が二つある。一つは 13億人の中国国民の多くから怒りを買うこと。二つ目は2012年が近づ く中で、国内資金が必要になると政府が判断する可能性があることだ。

中国で民主化の波は荒れ狂っていないが、中国共産党の決定や行 動に世論が及ぼす影響力は大きくなっている。膨大な国家資金を欧州 支援に回すことを納得してもらうのは難しい。不安定なドルの推移を 踏まえた資産の分散化にすぎないと言って巧みに説き伏せることもで きるだろうが、その言い訳が通じるのも、インフレ急上昇にあえぐ工 場労働者階級までだろう。

世界の見通しには中国を悩ませる陰りが見えている。中国は08年 の危機を巧みに回避した。しかし日米欧の成長が急停止すれば、12年 はもっと厳しい状況になるだろう。中国にとって極めて重要な輸出エ ンジンが作動しなくなり、状況安定のための資金の必要性が増すこと になる。

ユーロ圏の構造問題

それに、欧州の危機がさらに悪化することはないと信じる者がい るだろうか。欧州首脳がギリシャ債の損失負担50%受け入れを民間投 資家に説得したのは素晴らしい。救済基金の実質的な融資能力を1兆 ユーロに拡大したことも評価できる。だが、ユーロ圏の構造問題の変 革まで踏み込んだわけではない。

中国は世界の市場安定を支える役割を実際に果たすべきだ。その 一方で、欧州は自らのために中国がさらに寛大になってくれるなどと 期待してはならない。 (ウィリアム・ペセック)

(ウィリアム・ペセック氏はブルームバーグ・ニュースのコラム ニストです。このコラムの内容は同氏自身の見解です)

原題:Europe Shouldn’t Bank on China’s Deep Pockets: The Ticker(抜粋)

参考画面: コラムに関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta、Yoshito Okubo コラムニストへの問い合わせ先: William Pesek in Tokyo at +81-3-3201-7570 or wpesek@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE