米MFグローバルは回転信用枠を使い果たす、ジャンク級に格下げ

ジョン・コーザイン氏率いる米 先物ブローカー、MFグローバル・ホールディングスは今週、回転信 用枠を使い果たした。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。同社 は7-9月期に四半期ベースで過去最大の赤字を計上していた。米格 付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは27日、同社の 格付けをジャンク級(投機的水準)に引き下げた。

開示されていない情報だとして同関係者が匿名を条件に語ったと ころによると、MFグローバルは2つの銀行与信枠を全額利用した。 同社は25日に投資家に対し、いつの時点かは言及せずに、13億ドル (約987億円)の未使用の回転信用枠があると説明していた。

同社の株価は今週61%下落し、8月に発行した債券(表面利率

6.25%)はディストレスト債の水準で取引されている。同社は先物ブ ローカー事業の買い手を模索している。ムーディーズは24日に続い て今週2回目となったMFグローバルの格下げに当たり、「収益性の 柱が弱い」ためMFグローバルが欧州ソブリン債を買ってリスクを高 めたと指摘した。

ヒューストン大学のクレイグ・ピロン教授(金融学)は「状況が 悪化し始めるとかなり急速に急降下しがちだ」と述べ、信用枠の利用 は「彼らが受けている財務上のストレスを示すもう一つの兆しだ」と 指摘した。

ブルームバーグの集計データによると、MFグローバルの取引金 融機関はシティグループやバンク・オブ・アメリカ(BOA)、JP モルガン・チェースなど。MFグローバルの広報担当、ジェレミー・ スクレ氏と3行の広報担当者らはコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE