欧州銀の資本増強は「いつか見た光景」-劣後債投資家に狙いか

【記者:Dara Doyle and Joe Brennan】

10月27日(ブルームバーグ):欧州の指導者らは域内の銀行に1060 億ユーロ(約11兆4000億円)規模の資本増強を迫る方針だ。その際、 欧州最悪の銀行危機が直撃したアイルランドが詳細な計画の手本にな るかもしれない。

ゴールドマン・サックス・グループは27日、欧州連合(EU)の 銀行監督当局が26日に公表した資本規制の下で、銀行の資本増強を達 成する手段として、「負債管理の実行」に言及した。これは金融システ ムの救済コスト軽減のためにアイルランドが編み出した「劣後債保有 者による損失の一部負担」という戦略を暗に意味している。

グッドボディー・ストックブローカーズの銀行アナリスト、エイ モン・ヒューズ氏(ダブリン在勤)は27日、「欧州の銀行には資産売 却や負債管理の実行などさまざまな選択肢が存在する」と指摘。「アイ ルランドは資本調達のテストケースだ。欧州当局はその経験に幾つか のヒントを求めることができる」と述べた。

アイルランド当局は不動産市場の崩壊で銀行危機が深刻化する状 況を受けて、投資家にも損失の一部負担を求めることで、2009年以降 に国内総生産(GDP)の約10%に相当する150億ユーロの資金を調 達した。同国は昨年、銀行が発行した劣後債を保有する投資家に国が 負担を強制できる法律を成立させた。

欧州首脳らは27日の声明で、「事業再編と債務の株式転換」など の手段を通じて資本調達を行うようユーロ圏の銀行に求めた。バン ク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのアナリスト、リチャー ド・トーマス氏(ロンドン在勤)はリポートで、「銀行がそれを察知し たかどうかは別にして、政策担当者らは銀行の資本増強で劣後債の手 段を活用することを決めたようだ」との見方を示している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Dara Doyle in Dublin at +353-1-523-9521 or ddoyle1@bloomberg.net Joe Brennan in Dublin at +353-1-5239-522 or jbrennan29@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Edward Evans at +44-20-7073-3190 or eevans3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE