安住財務相:必要なら断固たる措置、投機的動きを懸念-市場注視

安住淳財務相は28日午前の閣議後会 見で、円が対ドルで最高値を更新したことについて、「実体経済を反映 したものに為替レートはなっていくべきだ」と述べた上で、「投機的な 動きを大変懸念している。必要な時には断固たる措置を取る」とあらた めて強調した。

また27日の米株式相場が大幅続伸したことについて、「思った以上 に米国も状況が好転しているようだ」と述べ、同日の東京の為替、株式 市場の動向を注視したいと話した。

安住財務相は、政府が同日の閣議で2011年度第3次補正予算案を決 定したことも明らかにした上で、「1日も早く成立させたい」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE