加バリック・ゴールドの7-9月:市場予想上回る利益-金値上がりで

世界最大の産金会社、カナダ のバリック・ゴールドの7-9月(第3四半期)決算は、アナリス ト予想を上回る利益となった。過去最高値を更新した金の値上がり が寄与した。

同社の27日の発表によると、純利益は前年同期比45%増の13 億7000万ドル(1株当たり1.36ドル)となった。前年同期は9億 4200万ドル(同0.94ドル)だった。買収コストを除いた1株利益 (税調整含む)は1.39ドルと、ブルームバーグが集計したアナリス ト19人の予想平均(1.34ドル)を上回った。売上高は前年同期比 44%増の40億1000万ドル。

アーロン・リージェント最高経営責任者(CEO)は、金高騰 の機会を捉え、今後5年間、年産900万オンスを目指している。金 相場は10年連続で上昇しており、現物相場は9月6日のロンドン市 場で1オンス=1921.15ドルと過去最高値を更新した。

同社は27日、今年の生産見通しを760万-780万オンスとし、 従来の760万-800万オンスの上限を若干引き下げた。

カナダ株式市場でバリック・ゴールド株は0.8%高の48.61カ ナダ・ドルで引けた。ロンドン時間午後9時22分(日本時間28日 午前5時22分)時点で金相場は1.1%高の1オンス=1742.95ドル。 同社は26日、四半期配当を12セントから15セントに引き上げると 発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE