NY銅:20.2セント高の1ポンド=3.692ドル-欧州首脳会議を好感

27日の銅先物相場は大幅高。このま ま推移すれば週間ベースで過去最大の上昇となる。欧州各国が債務危機 への対応のため救済基金の規模拡大で合意したことが好感された。ニッ ケルと鉛、亜鉛相場も上昇した。

バードモント・キャピタル(パナマ)のスコット・ガードナー最高 投資責任者(CIO)は電子メールで、相場は「銀行危機が一息つく可 能性を示す欧州発の政策絡みのニュースで動いている。中国も最近、金 融緩和を示唆した。実際に実施されれば工業用商品の取引を大きく押し 上げるだろう」との見方を示した。

ロンドン金属取引所(LME)の銅先物(3カ月物)は6.1%高の 1トン=8145ドル。今週は14%高で、この水準を維持すれば、ブルーム バーグのデータ収集が始まった1986年4月以来で最高の上昇を記録す る。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は5.8%高の1ポンド=3.692ドル。銅相場は今月17%上昇 しており、このまま行くと月間では2009年3月以来の大幅高となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE