メットライフ:7-9月は10倍強の増益-デリバティブ関連が寄与

米生保最大手、メットライフの 7-9月(第3四半期)決算は前年同期比10倍余りの大幅増益とな った。デリバティブ(金融派生商品)関連の利益が寄与した。

27日の発表資料によると、純利益は35億8000万ドル(約 2720億円、1株当たり3.33ドル)と、前年同期の3億1600万ドル (同32セント)から増加。一部の投資損益を除いた営業利益は1株 当たり1.11ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト19人の 予想平均である1.08ドルを上回った。

スティーブン・カンダリアン最高経営責任者(CEO)は、金利 低下などの市場の変動に備えるためデリバティブ取引を活用。7-9 月期は金利低下に伴いデリバティブ関連の利益が増え、税引き後で 27億ドルとなった。前年同期は1億9000万ドルの損失を計上して いた。

27日の時間外取引ではニューヨーク時間午後4時27分(日本時 間28日午前5時27分)現在、約1.6%上昇。決算発表前の通常取 引終値は前日比2.48ドル(7.5%)高の35.67ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE