NY外為:ユーロ大幅高、欧州の包括策を好感-円は対ドル最高値

27日のニューヨーク外国為 替市場ではユーロが対ドルで上昇。約1年ぶりの大幅高を記録した。 欧州首脳らが欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の融資能力 拡大で合意に達し、ギリシャ債のヘアカット(債務減免)でも対策 がまとまった。

円は対ドルで過去5日のうち4度目の最高値更新となった。 日本銀行が金融政策決定会合で追加金融緩和を決めたが、市場では 円高を抑制することは難しいとの見方が広がっている。南アフリ カ・ランドとオーストラリア・ドルは対ドルで上昇。7-9月(第 3四半期)の米経済成長率がここ1年で最も高い水準を記録し、ド ルへの逃避需要が減退した。

ゲイン・キャピタル傘下のオンライン為替取引会社FORE Xドット・コム(ニュージャージー州ベドミンスター)のチーフス トラテジスト、ブライアン・ドーラン氏は「欧州首脳は最低でも数 カ月の時間を稼いだ」と述べた。「欧州首脳会議前でもユーロには 上昇圧力がかかり、ドルは売り圧力を受けていただけでなく、リス ク通貨も上昇し、株も上げていた」と続けた。

ニューヨーク時間午後4時6分現在、ユーロは対ドルで1ユ ーロ=1.4189ドル。一時は2.5%高の1.4247ドルと、9月6日 以来の高値に上昇する場面もあった。日中の上昇率としては2010 年7月以来で最大。ユーロは対円では1.7%上昇して1ユーロ= 107円70銭。円は対ドルで0.3%値上がりして1ドル=75円92 銭。一時は戦後最高値の75円66銭をつけた。

高利回り通貨が高い

豪ドルは対米ドルで3%高。欧州での包括策合意や米実質国 内総生産(GDP)の伸びで高利回り通貨への需要が拡大した。南 アフリカ・ランドも対ドルで3%上昇した。

欧州首脳は26日、それまでの4日間で2度目となった首脳会 議で、ギリシャ債務の民間投資家の損失負担を50%とし、EFS Fの実質的な融資能力を1兆ユーロに拡充することを決めた。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE) のドル指数は1.7%低下して74.958。200日移動平均を下回った のは9月15日以降では初めて。

米商務省が27日に発表した第3四半期(7-9月)の実質国 内総生産(GDP)速報値は前期比年率2.5%増だった。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値と一致した。 第2四半期は1.3%増だった。

カナダ・ドルは対米ドルで1.3%上昇。メキシコ・ペソも同 2%値上がりした。両国にとって米国は最大の貿易相手国である。

日銀の追加金融緩和

日銀は27日、金融政策決定会合で、世界経済の先行き不透明 感や円高により日本経済の下振れリスクが高まっていることに対応 するため、金融緩和の強化を決定。資産買い入れ等基金を「50兆 円」から「55兆円」に拡大することを発表した。政策金利は0-

0.1%に据え置いた。円は同発表後も上昇した。