9月米中古住宅販売成約:前月比4.6%低下、3カ月連続マイナス

9月の米中古住宅の販売成約 は予想に反して対前月比で低下した。住宅価格の下落や借り入れコ ストの低下が需要の下支えにならなかったことが示された。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した9月の中古住宅販売成 約指数(季節調整後)は、前月比4.6%低下した。ブルームバーグが まとめたエコノミスト調査の予想中央値は0.4%上昇だった。前月は

1.2%低下。これで3カ月連続マイナス。下落率も4月以降で最大と なった。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのエコノミスト、アニ カ・カーン氏は統計発表前に、「販売は底ばいが続く」と予測。「多 くの差し押さえ物件の在庫や、今後差し押さえられる物件の在庫が はけるまで、販売に目立った回復は見られないだろう」と述べた。

中古住宅販売成約指数は全4地域で低下した。下げが最も大きか ったのは中西部で6.2%の低下だった。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE