仏大統領と中国国家主席、緊密な協力で合意-日本もEFSFを支援

欧州がソブリン債危機解決に向 け規模を拡大させた救済基金への支援確立を目指す中、フランスのサ ルコジ大統領は、中国の胡錦濤国家主席と電話会談を行った。

中国国営の中国中央テレビ局(CCTV)は、胡国家主席が欧州 の措置について、市場の安定化に寄与するだろうと期待を示したと報 じた。両首脳による電話会談の数時間前には、ユーロ圏首脳会議が欧 州金融安定ファシリティー(EFSF)のレバレッジを現行の最大5 倍に拡大することで合意した。これにより、同基金の規模は約1兆 4000億ドル(約106兆1000億円)に拡大する。

また日本政府はユーロ圏の首脳らが合意した域内救済基金の拡大 に協力する方針で、欧州当局者からプログラムの詳細を伝えられるの を待っていると、事情に詳しい関係者が述べた。

ユーロ圏危機の解決に向けて域内各国が国際通貨基金(IMF) の役割拡大を求める中、サルコジ大統領は来週、20カ国・地域(G20) 首脳会議を主催する。オーストラリアのスワン財務相は、欧州がIM Fからの支援について検討するのは「適切」だとしながらも、救済資 金に関して欧州はまず域内での準備を目指すべきだとの認識を示した。

仏大統領府は、サルコジ大統領と胡国家主席が、「世界経済の成長 と安定を確実にするためにG20が確固とした貢献を行えるよう、緊密 に協力することで合意した」との声明を発表した。

日本政府の支援

EFSFのクラウス・レグリング最高経営責任者(CEO)は、 中国投資家の参加を募るため、28日に北京を訪れる予定。またAFP 通信がアジア駐在の欧州連合(EU)当局者の話として伝えたところ によると、同CEOは東京も訪れるという。

事情に詳しい別の関係者によると、日本当局は支援の具体的な方 法が11月に明確になると考えている。関係者は、この件に関する協議 は非公開だとして匿名を条件に語った。安住淳財務相は27日、欧州の 首脳会議での合意内容について、「大きな前進だ」と評価した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro ロンドン 蒲原 桂子 Keiko Kambara +44-20-7330-7949 kkambara@bloomberg.net アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Stearns in Brussels at +32-2-285-4306 or jstearns2@bloomberg.net; Helene Fouquet in Paris at +33-1-5365-5038 or hfouquet1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: James Hertling at +33-1-5365-5075 or jhertling@bloomberg.net